ZILLION9 SELECTION 腋フェチ・スレンダー大好きな管理人が選ぶ、AV&イメージビデオ

包皮の内板、外板ってなんだ?


こんなことも知っておけば、少しは悩みが減るかもね・・・

友達から聞く情報、雑誌、インターネットに載っている情報。ウソか本当かわからないけど、男ならこうだろうみたいな情報がありふれています。その情報を信じて、自分と比べてめちゃめちゃ悩んでしまって、どうしたらいいのぉ~と悩んでいる人も多いと思います。で、実際そこんところどうなのよ?ということを情報探してみました。

包皮の内板、外板ってなんだ?

おちんちんの皮を「包皮」と呼びますが、外側と亀頭側の内側で呼び方が分けられています。外側を「外板」、内側を「内板」。あえて呼び方を分けているのは、その特徴の差異からになります。

違いのある項目 外板 内板
皮膚の厚み 薄い 厚い
皮膚の色 赤みを帯びた唇のような色 肌色
皮膚の強さ 弱い 強い
皮膚の伸縮性 伸びにくい 伸びやすい
包皮の内板・外板について

包茎手術のサイトでは、どのあたりの包皮を切除するかで、色々と議論があるようです。昔からある手法の環状切除法では、亀頭直下2~3cmぐらいを残しての手術となるため、おちんちんの色がツートンカラーになっていました。このツートンカラーが見ため的に嫌だということで、考案されたのが亀頭直下法ですね。この場合は、内板のほとんどを切除することにより、見ため的には、手術後がわかりづらいということで、この手法を取られる方が最近では多いようです。

見ため以外に、何が議論されているかということですが、この内板が性感体かどうかというところ。切除しても問題ないという人は、この内板は、皮膚も薄いしデリケートな部分なので、恥垢(ちこう)が溜まって際に雑菌が溜まって、病気になる可能性が高いと言う意見。切除してはいけないという人は、ここは、気持ちよさを感じるセンサーが密集しえいる性感体なので切除すれば、SEXやオナニーの際の気持ちよさが半減するし、恥垢(ちこう)が溜まってうんぬんについては、普通にお風呂に入って洗えば問題ないという意見です。

私の意見としては、この部分は切除するべきではないと思います。理由としては以下の通り。

  • 人の体の敏感な部分というのは、皮膚の薄いところ、血管が多いところであるという意見がある。
    考えてみると、人の顔(特に唇)、乳首、おちんちんの亀頭や内板部分、女性ならクリトリス、小陰唇など、キスされて気持ちいい、なめられて気持ちいい部分ってそうじゃないですかね?
    皮膚が薄い、血管が多いってことは、人にとっては、急所になるわけですよね、外部からの刺激に対して早めに変化を感知しないと困ることになるので、繊細に敏感にできていると考えれば理解しやすいと思います。
  • 自分自身の体感として、そう感じる。
    SEXの経験のない人なら、オナニーでおちんちんのどこが気持ちいいかをどれだけ理解できているかですが、ただ、おちんちんを手で握ってこするというだけでは、この内板部分の本来の気持ちよさをわかっていない可能性があります。是非、ローションを使って、更にはオナホールなどもあわせて使って、繊細な気持ちよさを体感してください。その違いにきっとびっくりするはずです。
    もっと手っ取り早く、繊細な皮膚の部分の触り方で感覚がどれくらい変わるかというのを実感するなら、自分の唇をただ普通に指で触れるのと、プリンのようなヌルっとしたもので触れるのでは、どちらの感覚が気持ちいいかってやれば、よくわかると思いますよ。
  • 恥垢(ちこう)が溜まって、雑菌がどうこうについては、洗えばすむことという意見に同意です。
    ただし、洗いすぎは、逆に病気になりやすいってご存知ですか?人の体は、基本的に雑菌だらけです。体重60kgの人で皮膚表面の常在菌は、100gにもなるそうです。すぐに「雑菌=悪いもの」とするのは間違いです。汚れを落とさなきゃと熱心に洗うと、常在菌のバランスが崩れて余計に肌が荒れたり、清潔にしすぎることにより普段なら問題ない菌が問題を起こしたりします。実体験含むですが、下の書籍を読めばより詳しくわかると思います。おちんちんを洗うなら、普通にお湯で流してあらうか、昔ながら余分なものが入っていない石鹸で十分です。
  • 亀頭直下法をやって問題ないという人と感度激減という人がいますが、目的とそれまでのオナニーでどう感じていたかが問題かと
    • 亀頭直下法を早漏対策として、手術を受けたのなら、この感度が落ちるのは理解されるのかなと。
    • 年齢が若い間に、オナニーをして気持ちいいのは理解していたけど、具体的に亀頭と竿部分の気持ちよさの違いをはっきりと認識せずに手術をしたなら、内板の繊細な気持ちよさがなくなっていることに気がついていない。まぁ、これは失ってしまうと取り戻せない部分だけどね。
    • 問題がでるのは、男なら包茎手術はやっとかないといけないと思ってしてしまった場合。医者の説明はあるとか思うけど、当然初めてのことだし、意見できるだけの知識も持ち合わせてないと言われるがままそういうもんだと手術をした場合。そして、それまでにオナニーとかを結構やっていてどこがどう気持ちいいかを十分理解していた場合は、この内板部分を失った後悔は大きいと思われます。