ZILLION9 SELECTION 腋フェチ・スレンダー大好きな管理人が選ぶ、AV&イメージビデオ

泌尿器科と美容クリニック、保険診療と自由診療どう違う?


こんなことも知っておけば、少しは悩みが減るかもね・・・

友達から聞く情報、雑誌、インターネットに載っている情報。ウソか本当かわからないけど、男ならこうだろうみたいな情報がありふれています。その情報を信じて、自分と比べてめちゃめちゃ悩んでしまって、どうしたらいいのぉ~と悩んでいる人も多いと思います。で、実際そこんところどうなのよ?ということを情報探してみました。

泌尿器科と美容クリニック、保険診療と自由診療どう違う?

基本的な考えとしては、泌尿器科は、保険が適用される病気治療を行うところ。包茎では、真性包茎、カントン包茎の手術を保険治療でやってくれる。仮性包茎は、「仮性」という文字が付いているからなんだかいけないもののようだけど、保険的には身体的問題であるという考えにはなっていないため、保険的適用外です。

美容クリニックは、保険診療もやってくれるけど、自由診療をメインでやりたいと考えているところ。インターネットの広告や美容クリニックのサイトを見に行くと、「包茎手術が今ならキャンペーンで○○割引」とか見たことないですか?これって、安くてお徳!って思いがちですけど、疑問に思ったことないですか?

普通、病気になって、病院に行った場合、「今月は患者さんが多いので、治療費を割り引きます。」なんてことはありえないですよね。でも、包茎手術の場合は、割引とか書いているところが結構見つかります。何でか?「自由診療」だからですね。「自由診療」ってのは、そこのクリニックがこの治療はいくらだと自由に決めていいものなのです。だから、「キャンペーンで○割引」という表示があっても、お徳だと思い込まないことですね。

それと、男性の包茎関連の美容クリニックって、全国展開しているところが、いくつか見つかります。お医者さんも慈善事業じゃないので、当然、お金が儲かったほうがいいのです。もし、お医者さんが単独でクリニックを立ち上げた場合、患者さんにきてもらいたければ、他のクリニックより価格を安めに設定すれば集客しやすい訳ですが、そういうクリニックが増えると、価格競争で儲けが少なくなります。おいしくない訳ですね。

そこで、全国展開をするグループ化をするんです。グループ化すると、そのグループで同じ広告展開をするので価格が統一されます。お医者さんとしては、価格競争が減るので、利益が安定しやすいありがたいシステム。