ZILLION9 SELECTION 腋フェチ・スレンダー大好きな管理人が選ぶ、AV&イメージビデオ

包茎手術のページでよく見かける包茎の説明


包茎手術のサイトを見に行くと、基本的に、「真性包茎」「カントン包茎」「仮性包茎」の説明があり、それぞれ、デメリットという形で説明があります。そして、日本人の約7割が包茎で、必ずしも包茎手術は必要ではないが、恥ずかしい思いをしている人が沢山いると書いてあります。さらに極め付けが、女性からの意見として包茎をどう思っているかというようなアンケートまでついてます。うまく人のコンプレックスというか、コンプレックスとして感じるように仕向けられた表現になっていますよね。

「包茎=恥ずかしいもの」であるというイメージを前提にしているのが、怖いですね。おちんちんのおしっこをする、SEXをするという機能的なもの、そして衛生面として考えた場合には、「真性包茎」や「カントン包茎」は、手術はしたほうがいいのでしょうが、この手術方法についても、色々とあるようなので、どの手術法を選択するかというのはとても重要になってくるようです。

真性包茎

  • 真性包茎

  • 平常時から亀頭を覆うように包皮が被っており、勃起をしても亀頭が露出せず包皮が被ったまま。これは、包皮と亀頭が内部で癒着しているため、もしくは、包皮先端部分が狭いため、亀頭が露出できない。
  •  【デメリット】
    • 亀頭が包皮に包まれたままの状態のため、亀頭の成長を妨げる。
    • 包皮の間に恥垢(ちこう)が溜まりやすいため、衛生面でよくない。
    • SEXの際に、精子が子宮口へ届きにくい。

カントン包茎

  • カントン包茎

  • いろいろと程度の幅があるようですが、包皮をむいて亀頭を露出できるが、包皮口が狭いため、勃起したときに、包皮口が亀頭の根元を締め付けるような形にたるため、亀頭のうっ血や包皮口が伸ばされるため、不快だったり、皮膚が切れたりするようです。
  •  【デメリット】
    • 包皮の間に恥垢(ちこう)が溜まりやすいため、衛生面でよくない。
    • 亀頭が刺激に弱く、早漏になりやすい。
    • 亀頭の発育が遅れる可能性あり。

仮性包茎

  • 仮性包茎

  • 平常時、勃起時ともに、包皮をめくって亀頭を露出することができる。基本的に問題はないが、衛生面では注意が必要ということ。
  •  【デメリット】
    • 勃起した際に、亀頭が包皮口に締め付けられため、うっ血や痛みなど。
    • 包皮の間に恥垢(ちこう)が溜まりやすいため、衛生面でよくない。
    • 包皮口が狭いため、勃起時に皮膚伸ばされるため、傷つきやすい。

 

これらの説明を見ていると面白いですよね。まずは、「恥垢(ちこう)」という言葉。なんで、男性器、女性器ともに、この部分だけの垢は「恥ずかしい垢」という表現なんでしょうね。次に、「仮性包茎」という言葉、「仮性」ってことは、仮の姿ってことがだから、ノーマルじゃないって意味合いですよね。本来「包茎」がノーマルであるのに、「包茎手術」のために、ノーマルじゃないという意味づけをするために「仮性」という名前が付けられたことになると思います。

そして、「仮性包茎」に関する説明を見ていくと、基本的に問題ないのに、問題があるようなイメージをつけるために色々と考えらた説明が付けられていますよね。本来、「仮性包茎」は病気でもなんでもないから手術に保険が適用されません。だから手術するなら、自由診療ということなってます。手術する側からすれば、自由診療はおいしい訳で、しかもコンプレックスをあおって、「そんなんだと女にモテないよ。嫌われちゃうよ。」とすれうば、男をしてはグラッときちゃいますよね。でもね、調べてみれば包皮はあるのが普通なんですよ。