ZILLION9 SELECTION 腋フェチ・スレンダー大好きな管理人が選ぶ、AV&イメージビデオ

包皮をなくしたことによる喪失感を取り戻す!包皮再生って何だ?


海外などでは、宗教的理由などにより、生まれて間もない段階で自分の意思とは関係なく包茎手術をされちゃう訳ですよね。手術の安全性は高いとはいえ、中にはこの手術が原因で亡くなってしまう赤ちゃんもいるんだとか。う~ん、なんかそんなことを聞いちゃうと切ないよね。

そして、これまたこの本「切ってはいけません! 日本人が知らない包茎の真実

」で書いてあったのですが、包茎手術によって失った皮膚を取り戻すための「包皮再生」というものがあるということです。英語だと「foreskin-restration」。

早速、「foreskin restration」で検索を掛けてみれば、うぁ~沢山サイトがでてきます。検索結果上位のひとつのサイト「foreskinrestore.com」を見てみると。表紙の「Enter」をクリックしたあとのページに努力の過程の写真などが沢山でてきます。(おちんちんの写真みたくないという方は、enter押さないでね

見てもらうとわかりますが、専用の器具を使って、何年もの長い時間を掛けて皮膚を伸ばしていくんです。ものすごい努力ですよね。そこまでしてもなんとしても取り戻したいものが「包皮」

本来、包茎が自然体であるのに、包皮を失って包まれていないというのが違和感ということですね。

包皮に包まれていれば、亀頭は、外部の余分な刺激(下着など)から守られているため、敏感な皮膚の状態でいることができる。でも、包皮がないと、亀頭自体が少しのことで傷つかないようにするために皮膚を強く厚くしないといけなくなってしまう訳です。亀頭を守ることが優先となるため、感じる機能は二の次。

他の例えで考えてみれば、人が服を着ていることが普通なのに、裸で街中に放り出される、そんなようなものでしょうか?

包茎手術は、包皮温存手術を選択するべし!

真性包茎やカントン包茎なとで、おちんちんの機能として包茎手術をしたほうがいい場合は、包皮温存手術をしてくれるところを探すべきですね。検索すると「包皮小帯温存法」とか「Vカット小帯温存法」という言葉も見つかります。

下図は、正確な図じゃないかもしれませんがイメージ的には、近いものがあるんじゃないかと思います。要は包皮先端部分の円周が亀頭などの大きい部分の円周よりも短いため、包皮を反転させることができない。だから、包皮先端部分をVカットし、円周を広げてあげるというもののようです。これであれば、包皮を切除する必要がないため、性感体である包皮小帯や、リジッド・バンドのある包皮を残すことが可能。

包皮温存手術・包皮小帯温存法・Vカット小帯温存法